Carefree Life @ South Bay

リサイクル事情

日本では、市区町村でゴミの捨て方が違います。
伊丹は豊中と同じところで処理するのに、豊中より細かかった・・・
でも、袋は半透明なら何でもよかったので、その点は楽でした。

というのはさておき、こちらのゴミ事情。
ゴミの収集は有料で週1で大きなゴミ箱を家の前の道路に出しておくと
ゴミ収集さんが中のゴミを持っていってくれます。
ちなみに、ゴミ収集、有料ですが家賃に込みなので、いくらかは知りません・・・

で、分別。
なんと、「ゴミ」「リサイクル」の2つです。
ちなみに、「ゴミ」チームに燃える燃えないの区別はなく
「リサイクル」チームは、ペットボトル・ビン・缶・ダンボールの区別なく
リサイクルゴミの箱に入れてしまうというシステム。
ちょっとびっくり。

で、こっちでは飲み水は基本ペットボトルのお水を飲んでいます。
お料理なんかは浄水器を通したお水だけど、そのまま飲んだりするのにはどうもなぁ。
というわけで、ペットボトルのゴミが結構でるわけです。
ペットボトルといえば、リサイクルの基本!!
ごっちゃでいいの?と思っていたら、リサイクルセンターというものがありました!

c0197933_2392663.jpg
c0197933_2401223.jpg

スーパーとかにもリサイクルできるポストがあると聞いたのですが、
とっても混むということで、うちから車で20分くらいのリサイクルセンターへ。
わざわざ行くのは・・・と思ったのですが、ESLの帰り道に寄れるので
先週のESL帰りに寄ってみました。
システムはめちゃ簡単。車で持っていって、お兄さんに袋ごと預けるだけです。

ちなみに、こちら、さすが自分にもメリットがないと!という国アメリカ。
所謂500のペットボトル1本につき、5¢バックです。
今回は36本あったようで、$1.80。
c0197933_2442124.jpg

24本入りのお水が大体$4~$6程度なので結構大きいぞ!
捨てればゴミですが、集めるとお金。
しかも、リサイクルに貢献できるというわけで、今後もためて持って行こう!
他の人を見ていると、どうやら、缶や、牛乳・ジュースのプラスティックボトルなんかも
対象になるみたいで、わけてもっていけばいいだけみたいです。
環境や健康に対する意識の低い人と高い人の差がすごく激しい国ですが
リサイクルセンターは結構盛況でした。いいことだ!
[PR]



by ichikoLA | 2009-03-23 02:50 | 日常生活

2009年に渡米。お洒落な駐在生活からは程遠く、反抗期の娘&息子の子育てに追われています~~。
by ichikoLA
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧